macOS

A collection of 30 post

自作アプリへのWidgetKit対応時に参考にしたWebサイト紹介(参照回数順) - SwiftUI

バッテリー状態表示アプリを2020年にiOS14から追加されたWidget機能にに対応した際に参考にしたサイトについて参照回数とコメントをつけて紹介する。 参照回数はSafariのタブブラウザで開いたままになっていたページを1カウントとしている。 サイト 参照回数 【iOS14】Widget(WidgetKit…

データ圧縮とApple Archive

パーソナルコンピューターで利用される圧縮機能についてのシンプルな解説とiOS13,macOS11からのAppleArchiveについての読み物。 1) データ圧縮の略史 パーソナルコンピューターが一般的に普及したのは2021年から四半世紀前の1995年のWindows95発売とそれに続くインターネット普及期(199…

[プレゼン資料]ウィジット設定ダイアログ WidgetConfiguration/CustomIntent - iOS Application Develop

2020年11月27に行われた札幌iPhone開発勉強会でのプレゼンテーション資料。 iOS14から追加されたウィジットの設定の追加方法をネタにSiri Custom Intentの実装方法入門編となっている。 記事としては以前に記述した内容のダイジェストとなっているので詳しく知りたい方は以下を確認して欲しい。 Apple…

Apple Widget考古学 - App Extension の技術Stack

ウィジットに関する読み物。OSXから数えると10年以上経過しているのでAppleのウィジットに関する経緯の確認。 端的に云うと WidgetKitはApple提供テクノロジーの塊。WidgetKitのベースとなる技術スタックは主役と脇役が入れ替わることがある。 1) ウィジット前史 = 原初のiPhone…

[プレゼン資料] Siri をだしにしてみる(Siri Develop Guide 2018)

2018年11月14日に行われら勉強会の資料を掲載している。 掲載には理由があってiOS14以降はウィジットの設定実装およびin-app intentの実装に伴いSiri Intent Extensionを再検討必要がありその振り返りの目的がある。 2018年年末だとExtensionやAppGroupなどSiri…

[プレゼン資料] SwiftUI App/Scene - SwiftUI App/Scene の実際

2020年9月の勉強会資料。アプリのライフサイクルにSwiftUI Appを選べるようになり、SwiftUI App/Scene は簡潔にアプリライフサイクルを記述できるようになった。 WWDC2020で散々アピールされたけれども実際にはどうなの?を明らかにするプレゼンテーション資料。 内容としては過去のBlog…

Multiplatform(マルチプラットフォーム)での画面サイズ情報入手手段3種 @ScaledMetric とEnvironment 、GeometryProxy を使い分ける - SwiftUI

画面などのサイズ情報のヒントはUIを構築する上で重要なヒントとなる。プラットフォームに依存したUI構築用フレームワークごとにサイズ情報が提供されていた。 マルチプラットフォームでのUI構築用フレームワークとしてSwiftUIはプラットフォームに依存せずにサイズ情報を取得するサポートが用意されている。 SwiftUI…

beta版 macOS をSSD 128GB モデルにインストールするための容量確保方法

macOSのbeta版をSSD 128GBにインストールするときに困るのがSSDの容量不足による警告でインストールすらできない状況。アプリや不要なドキュメントを削除しても容量が確保できないのは何故?という時がある。 今回の場合はBlogが役に立った。 不要なバージョンのiOS Simulatorを削除する - BLOG…